サイトメニュー

安全に施術を受けるために

看護師

一般的な施術の流れとは

美顔の象徴とも言える小顔になるためには、咬筋を減退させていく方法がベストです。エラ骨を切除すれば確実に顔が細くなると考えている方が多いですが、現実的には骨を大量に削ることはできません。むしろ咬筋を緩めたほうが顔痩せ効果は高くなるため、最近はボトックス小顔注射がよく活用されています。半年に1回程度の注射を受けるだけで咬筋の発達を抑制し、ほっそりした小顔を維持できるわけです。それによりフェイスラインが丸まって、角ばった顔が解消したとのコメントが数多く聞かれています。注射後は一時的にだるさを感じることがありますが、すぐに元に戻るので気にする必要はありません。何よりメスを入れることがないので、腫れ・ダウンタイムはほとんどないです。注射の痛みも極めて弱いもので、健康診断のときに行われる採血より楽という声が多いです。小顔になる方法にはリフトアップマシンや光マシンを使用した方法もありますが、ボトックスの魅力は注射から3日程度で効果を実感できることでしょう。固くなっていた咬筋がほどよくほぐれて、ボディとのバランスが最適化するはずです。顔太りは大きなコンプレックスとなり、特に低身長の方ほど顔太りは目立ちやすいです。顔を小さくしたいけど手術だけは避けたいという方に最適な方法と言えます。ボトックス小顔注射を希望される方は、どの部分を細くしたいのか明確にしておきましょう。実際にイメージをシミュレーションしておく必要があるため、美容外科の公式サイトで症例前後の写真を比較してみるとよいです。張り出したエラの部分がシャープになるだけで、フェイスラインの調和がベストな状態になります。施術を決定したらクリニックの公式サイト、または電話で申込・予約をしてください。当日は問診・カウンセリングがありますので、体調は整えておく必要があります。肌状態をベストにしておく必要があるので、保湿を徹底して正常肌にしておきましょう。ボトックス注射の前には洗顔をして、メイクや皮脂汚れをすべて落としておく必要があります。注入は量・場所などを考慮しながら医師が行ってくれるので、安全性は極めて高くなっています。痛みは非常に弱いもので、歯科で使用する麻酔用の注射程度の痛みだと考えてください。注射後はメイクをしてそのまま帰宅できますが、ナチュラルメイクを心がけましょう。肌が敏感になっているので刺激を与えるのは避け、当日は長時間の入浴・飲酒・運動なども避けたほうがよいです。術後の過ごし方に問題があると腫れが長期間続いてしまい、小顔効果を得られるまでに長時間を要することがあります。